キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 機能性表示食品とは? : 魅力的なひざサポートコラーゲン

機能性表示食品とは?

「ひざサポートコラーゲン」の事に関する情報サイトです。
ひざサポートコラーゲンは、機能性表示食品です。機能性表示食品とはどういうものかを説明します。

機能性表示食品とは?

ひざサポートコラーゲンは、膝関節カテゴリーでは日本初となる、機能性表示食品です。

・機能性表示食品とは

機能性表示食品というのは、商品を作っている事業者の責任で、臨床試験などを行い科学的根拠を実証し、商品パーケージに表示をします、という事を消費者庁に届出をした食品の事です。

《関連記事》⇒URL:http://www.asahi.com/articles/SDI201605176691.html

ひざサポートコラーゲンの場合は、製造販売している業者が臨床試験を行い、その効果を実証しています。

行った臨床試験は、膝関節痛があるが、早急に治療の必要がない40歳から78歳の人を対象に行いました。

対象者を2つのグループに分け、グループ1にはひざサポートコラーゲンを、グループ2にはプラセボを飲んでもらいます。

16週間続けたところ、グループ1のひざサポートコラーゲンを摂取した人には、膝の曲げ伸ばしが改善するという傾向が見られたという結果が出ています。

・ひざサポートコラーゲンの特徴

ひざサポートコラーゲンは、粉末タイプの機能性表示食品です。

粉末だと扱いにくいイメージがありますが、飲み物に溶かして飲むだけだから、粉薬のように喉に引っかかったり、飲む時にむせたりする事がありません。

熱い飲み物にも成分を損なう事なく使えるので、いつも通りに飲み物を飲むだけでひざ軟骨に必要な成分を補う事ができます。

・まとめ

ただし効果については、個人差があります。

さらに薬とは違うので即効性は期待できません。

臨床試験では16週間続けていますので、最低でも同じくらいの期間は続けてください。